読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系東大生ダイナの書評とか。

理系東大生ダイナが書評をしたり日々の大学生活についてつらつらと書いたりするブログです。Twitter→@riketoudaina

東大受験記その2 科目別~数学~

ごきげんよう、ダイナです。

 

少しご無沙汰してしまった。。

また頑張っていくのでよろしくお願いします。

 

今回は科目別、数学の東大受験対策を意識した記事を書いていくよ。

 

 

数学ってムズい…

 

ねえみんな、数学ってムズくない⁉(怒)

特に難関大の二次試験とかさあ!

東大の二次試験の数学なんて120点満点だけど、僕は模試で最高54点しか取ったことないよ!

この間の記事でも書いたように僕は数学の目標点はかなり低く設定していたんだ。

 

rikeitoudaiseinoburogu.hatenablog.com

 

だけどそれでも一応東大入試は突破できたから、苦手なりの対策方法を話していこうと思うよ。

僕と同じように数学が苦手な高校生諸君は多いだろうからよかったら読んでってください。

 

数学の心構え

 

数学は暗記?

「数学は暗記じゃない」

先生たちはそう言うだろう。

でも僕はなんだかんだ暗記は必須だと思う。

基本的な定理や法則はもちろん、教科書やその傍用問題集に載っているような問題は見た瞬間に解けるか、解答の筋道が分かるようにしておかないと、後述する「組み合わせ問題」には対応できなくなってしまう。

しかし、基本レベルの問題の解答を暗記するのでは意味がない。繰り返し繰り返し解くことで「覚えてしまう」くらい理解することが大事。

基本の組み合わせ

入試問題の難しい問題は、たいてい基本事項の組み合わせでできている。

たとえば東大入試では、確率が回数によって決まるような「確率漸化式」の問題が頻出する。

こういった問題に対応するためにも、先述したように基本的な事項や問題は覚えてしまうくらいやりこむこと。

 

過去問研究

 

基本事項や基本問題をマスターできたら、つぎは組み合わせ問題などの応用のしかたを勉強しよう。

そのために絶対にやらなければいけないことは過去問研究だ。

先述したような確率漸化式やその他いくつか出やすい組み合わせ問題はあり、出題傾向や攻略法を知っておくために過去問を使おう。

 

ここでおすすめする参考書は、安田亨さんの 「東大数学で1点でも多く取る方法」だ。

理系偏と文系編がある。

 

 

この本は多くの東大数学の過去問を収録していて、分野ごとに出やすい問題の演習ができる。

特におすすめできる点は、タイトルにもあるように「1点でも多く取る」方法を学べるところだ。

完全な正答ならば一問⒛点だが、それを取るのは実際かなり難しいから、なんとか部分点を稼いでいくのが重要になる。

そのためには最終的な答え(数値のような)だけでなく、ここまでは分かってますよ、ということを解答の中に日本語として残しておかなければならない。

この本では親しみやすい日本語で書かれた解答が充実しているため、自力で解けなかったとしても解答を研究することで考え方や良い解答の書き方が身につく。

ただし、直近の年の問題は研究対象ではなく入試直前の本番練習のためにとっておこう。

 

 

僕は数学が苦手なみなさんの味方です!笑

 

 

映画『キセキ~あの日のソビト~』レビュー!  ※ややネタバレあり

 

ごきげんよう、ダイナです。

 

突然ですがダイナはかなりのGReeeeNファンなんだ。

 

そしてなんと1月27日に公開された映画、『キセキ~あの日のソビト~』はGReeeeNをモデルにした映画らしい!

そりゃ見に行くしかないっしょ!!

 

あらすじなどは公式サイトのほうが絶対分かりやすいから書きません。。

 

 

 

どんな映画?

 

歯医者も歌手も、どっちもやる!二つの夢を追いかけた若者たちの、本当にあったキセキの物語。(公式サイトより)

 

公式サイトにもあるように、GReeeeNと、HIDEの兄でありそのプロデューサーでもあるJINをモデルにして実話を基に作られた映画のようだね。

聞いただけでGReeeeNファンにはたまらなそう。

登場人物の名前もジンやヒデ、ナビ、クニ、ソウと、完全にモデルとなった本人たちのものを使っているから、ストーリーもかなり実話に近いんじゃないかな。

 

さらに松坂桃李菅田将暉などキャストも豪華。

彼ら目当てに見に行く人も多いのでは。

(実際映画館には結構いた。)

 

割と上映されている映画館が少ないのが残念、、

 

kiseki-movie.com

 

「ソビト」って?

 「ソビト」ってなんだろう。

GReeeeNファンとして恥ずかしながら、僕も「ソビト」という言葉は知らなかったんだけど。どうやらGReeeeNによる造語らしい。

またも公式サイトを引用すると、

 

「ソビト」とは【素人・空人】のことで、自由に新しいことに挑戦していく人を指すGReeeeNによる造語。

 

とある。

彼らが曲名にも使っている「green boy」(新人、未熟者)という造語と似たような意味の言葉だね。

 

見どころ

 

グリーンボーイズの実力やいかに!?

今作でGReeeeN役を演じた四人はグリーンボーイズとしてCDも発売している。

さらに当然劇中のレコーディング風景やライブ中の歌も彼らが歌っている。

 

>グリーンボーイズ (初回限定盤 CD+DVD) [ グリーンボーイズ ]

価格:1,671円
(2017/2/11 16:14時点)
感想(7件)

まあさすがにGReeeeNとは違うし比べることはできないけど、歌に関してはまさに「ソビト」(素人)同然の割には聴き映えは良かった。

GReeeeNを知っている人ほど別バージョンみたいな感じでおもしろいだろう。

 

劇中のいいところで「」や「キセキ」などの名曲の前奏が流れ始めると、それはもう、ね。

 

桃李さんかっけえ…

最近は菅田将暉が若い人たちには人気だろうけど、やっぱ松坂桃李めちゃかっこいいっす。

桃李さんの歌も思ったよりは良かったし、なによりジンの人柄だね。

口ではヒデに厳しく当たるけど、ヒデの気持ちを誰よりも理解して支えあう。

(JINがプロデュースした映画だから?)ジンはかなりかっこよく描かれている気がした。

 

公式アイテム満載!

劇中で登場するGReeeeNロゴマークやCDは、実際にGReeeeNが公式に使っているものや販売されたもの。

うらやましいなあ。欲しいなあ。

 

原作?

 

この映画はGReeeeNたちの実話を基にした映画だというのはさっきも書いたけど、実はGReeeeNをモデルにした小説もあるんだ。

それがこの『それってキセキ』だ。

 

 

この本が映画の原作になったのかは分からないけど、どちらもGReeeeNの実話がモデルだから内容は似ている。

 

でもこの本は特にGReeeeNファンにおすすめできる。

結構ページ数も多くて長い小説だけどそれだけ内容も盛りだくさんで、GReeeeNが歩んできた軌跡がよく感じられるんだ。

一応小説という形になっているけど実質GReeeeNの自伝と言っていいくらい事実に近いんじゃないかと思う。

 

さらに、契機ごとに特にGReeeeNの思い入れがある曲たちをピックアップして、その歌詞とともに章が進められていくのもとてもいいね。

 

この本を読むとますますGReeeeNが好きになる。

 

映画を見た後にもっと深く背景を知りたい人やもともとのGReeeeNのファンの人にはぜひ読んでもらいたい一冊。

 

 

 

というわけで映画も小説も併せておすすめします!

 

 

百田尚樹 『カエルの楽園』 レビュー

ごきげんよう、ダイナです。

今日は最近話題の、百田尚樹氏作『カエルの楽園』のレビューをしていくよ。

 

百田尚樹氏の代表作には『永遠の0』があるね。

この本はシンプルに小説としておもしろい。泣けるポイントがたくさんある。

 

永遠の0 [ 百田尚樹 ]

価格:946円
(2017/2/7 15:06時点)
感想(1716件)

映画もよかった。

 

永遠の0 Blu-ray通常版【Blu-ray】 [ 岡田准一 ]

価格:3,439円
(2017/2/7 15:08時点)
感想(55件)

 

ただ、この『カエルの楽園』は話題作、いや、いわば問題作と言えるだろう。

 

カエルの楽園 [ 百田尚樹 ]

価格:1,404円
(2017/2/7 15:11時点)
感想(58件)

 

真剣に考察を書こうとするとかなりシリアスな内容になってしまうと思うから、一般的に共通するであろう解釈を書いていくことにする。

 

(以降は解釈のため、筆者の意にそぐわない可能性もある。ただ、筆者の日常的な言動からしたらおおむね合っているだろう。)

 

この小説では人間世界がカエルの生活圏に例えられている。

特に日本とそれを取り巻く近隣諸国の(筆者が考える)現状が描かれている。

例えば以下のような感じ。

 

ナパージュ=日本

三戒=憲法9条

スチームボート=アメリカ(軍)

 

このほかにも(筆者の主張を知っていればそうとしか思えないように)すべての登場人物や状況が現日本の比喩になっている。

 

 

ただ、ひとつ言えることは、人間はカエルではないということだ。

 

理系の僕からしたら、生物という点ではカエルも人間も同じと言いたいところではある。

しかし、類人猿さらには人類には社会的な生活を営むだけの知能があり、単純にカエルと比較することはできない。

 

特にこの小説のように、他のカエルたちの縄張りに踏み入り食料にしてしまう単なる食欲による野生の生物的な活動は人間にはもちろんない。

 

したがってこの小説は、人間世界をカエルのような生物活動による捕食を行う生き物に例えることで、筆者の主張をより過激に、よりセンセーショナルに読者に植え付けようという考えが垣間見える。

 

さらに僕が感じた違和感は、これが人間世界の比喩なら(ほとんど確実にそうなんだが)、他の国の住人を違う種類のカエルにするか?ということだ。

まあ小説として分かりやすくはあるが、人間の世界に至ってはもっと複雑だ。

別の国に住んでいたり肌の色が違っても同じホモサピエンスなんじゃないかな。。

ここでも過剰な民族意識愛国心をあおる意図が感じられる気はする。

 

それぞれ考え方の異なる著者の本を読むなり意見を聞くなりして、一度ニュートラルな状態に自分を持っていってから自分の意見を持つことが理想的だと思う。

 

 

ただ、実際僕はこの本を一日で読み終えたし、かなり読ませる本ではあった。

 

 

東大受験記その1 敵を知り、戦略を練ること

 

 

ごきげんよう、ダイナです。

 

今回は東大受験に役立つ(かもしれない)シリーズの最初の記事を書いていこうと思うよ。

僕自身東大受験に絞った戦略を立てるにあたり、この本にとてもお世話になったんだ。

 

2017年度版 新・受験技法 [ 和田秀樹 ]

価格:1,944円
(2017/2/6 15:36時点)
感想(0件)

戦略を立てるにあたりというより、この本を読んだおかげで大学受験には戦略が必要だということに気づけたって感じかな。

本気で東大を目指すならこの本を読んでみてほしいけど、今回は自分の体験ももとにした記事を書いていくよ。

 

 

大学受験の心構え

 

 高校での勉強は、一般教養を身につけたり大学以降で必要になる知識や考察力を養ったりすることをモチベーションに学ぶことが理想だ。でも進学したいと思っている人はまず大学に受かることが最優先事項になる。

 確かに大学に入ってから高校の時の知識が役に立つことはある。だけどそれも大学に入ってから言えることだ。高校の授業ももちろん大事だが、それと同時に大学受験を突破するためだけの戦略が必要になる。

 教養は大学でも学べる。まずはとにかく受験を突破すること。

 

 

入試システムを調べる

 

 東大受験に限ったことではないけど、志望校が決まったらまずはその大学の入試システムを調べよう。推薦にしろ一般入試にしろ、自分に適した方式で受けることで一歩リードできる。

 特に一般入試なら、日程やセンター試験の使い方、二次試験に必要な科目などはもちろん、最低点まで知っておくことが大事。最低点は後述する戦略を立てるときに非常に重要になる。

 

 

目標点を決める

 

 特に難関大学の入試は、センター試験と二次試験の点数だけで決まることが多い。つまりその年の合格最低点を0.1点でも上回れば合格だ。さらに東大に限って言えば、毎年合格最低点はほとんど一定(理1、理2の二次試験で五割ほどの得点率)。この合格最低点をもとに目標点を決める。

 この時に重要になる考え方は、勝負は合計点で決まるということだ。例えば東大の理2なら二次試験で五割くらい取れればたいてい受かるから、数学120点のうち40点でも英語が120点のうち80点取れれば合計点としてはカバーできる。

実際に僕が目標点に設定したのは以下のような感じ。

  • 英語 85/120
  • 数学 40/120
  • 理科 70/120 (化学40 物理30)
  • 国語 50/80

これで合計245となり五割の220を少し余裕をもって超えている。数学がザコいのは気にしない。この目標点は本番でてんぱって多少取りこぼしても大丈夫なように設定した。

 

 

得意と苦手、上手く付き合おう

 

 先述した目標点は得意苦手により傾斜がつけられている。

よく学校の先生たちはこう言う。

「苦手科目は伸びしろが大きいから頑張ろう」

 それは確かだけど、苦手科目は伸ばすのがそもそも大変だよね。例えば一時間得意科目を勉強するのと、一時間苦手科目を勉強するのでは圧倒的に前者のほうが効率がいい。

 大学入試で合格最低点を合計点で超えるためには、得意科目を伸ばしたほうが手っ取り早いと僕は思う。まあこの辺は各自で考えて戦略を立てるといいね。

 

 

割と長くなっちゃったから今回はこの辺にしよう。

 

ステマとかじゃなく、冒頭の和田秀樹さんの本はぜひ手にとってみてほしい。

 

 

 

 

カップヌードル抹茶だと!?

ごきげんよう、ダイナです。

 

最近話題になっているあの商品をついに食しました。

そう、カップヌードル抹茶仕立てのシーフード味」です!

 

【数量限定】カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味(1コ入)【カップヌードル】

価格:194円
(2017/2/6 15:23時点)
感想(0件)

ダイナは抹茶系のflaverがする食べ物が好物だから期待値はまあまあ高かったんだけど、

友人たち曰く「シーフードと変わんないよ」

まあとにかく実食あるのみ!

いざゆかん!

 

 

まずはパッケージから。

うん、いいね。抹茶味だと一目で分かる上に細部までこだわって作られている(気がする)。

f:id:deteruanddeteru:20170206151823j:plain

 

開けると中身はかなーり緑色。粉末スープだけでなく麺にも抹茶が練りこまれているらしく緑色をしている。

普通のシーフードが甘くなってさらに抹茶が少しプラスされた香りがしてまろやかそー。

 

f:id:deteruanddeteru:20170206151912j:plain

 

できあがって一口。

 

んー…、微妙!ww

けしておいしくないわけではないけど…。

確かにシーフードとそれほど大きな味の違いはない。
よりクリーミーでほんーの少しだけ抹茶を感じる程度。

シーフードのよさはクリーミーさの中に魚介のあっさりさを感じられるところだと思うんだけど、この商品にはそれがあまりないかな。

 

まあこれなら普通のシーフード買ったほうがいいね。

 

一応限定品だろうし,食べてみるかって人は買ってみては。

 

ワンピース84巻”ルフィvsサンジ”感想 ※ネタバレあり

ごきげんよう、ダイナです。

 

ついに出ました!

 

ワンピース最新巻84巻!!

 

 

ONE PIECE 84 [ 尾田 栄一郎 ]

価格:432円
(2017/2/3 17:32時点)
感想(23件)

この時をどれほど待ち望んだことか…

発売日に購入して読み終えたので感想を書いていこうと思います。

 

ネタバレになるので注意です。

 

 

前巻からの接続で僕が気になるポイントは、

  • ルフィと将星クラッカーの戦いの行方
  • 成長したのちのイチジ、ニジ
  • サンジを奪還できるのか

の三つでした。

 

さあどうなったのでしょう。

 

 

ルフィvsクラッカー

 

 前巻で無限に強固なビスケット兵を生み出しかなりの強敵に見えた将星クラッカー。ルフィは早くもギア4を使わざるを得ませんでした。ビッグマム編序盤でこんなに苦戦して大丈夫か?と思っていました。。

 さて84巻でルフィとクラッカーが登場したとき、ルフィはまん丸に太っていました。なんとクラッカーの生み出すビスケット兵を夜通し食べていたというのです(笑)。(ナミのクリマタクトで降らせた雨によりビスケットが軟化したらしい。) 

 それでも次々兵を生み出すクラッカー。しかし無限かに思えたこの能力もやはり体力を消耗するらしい。勝負をつけに来たクラッカーに、ルフィはギア4満腹バージョン”タンクマン”で応じ、見事クラッカーをビッグマムのいる城までふきとばす。

 

 予想外の強敵に苦戦するというややシリアスな展開でしたが、ルフィらしく大食い柔軟なギア4の使い方でコミカルに勝利を収めました。長引きすぎずキャラの「らしさ」を活かしている。いやーよかったっす。

 

イチジ、ニジとの再会

 

 イチジ、ニジは前巻でほとんど姿だけの登場だったため、戦闘力や人間性が気になっていました。今巻ではニジが”ステルス”という透明化の能力らしきものを見せましたが、二人とも全力の戦闘は見られませんでした。

 人間性のほうはイチジ、ニジ、ヨンジともに子供のころと変わらず。。回想の中のレイジュ曰く、サンジ以外の四人は肉体的な改造を施されて生まれ、さらにレイジュ以外の三人は内面(考え方)まで改造されているよう。

 

あいつら三人は(中略)「かわいそう」とか「悲しい」とか思う感情がないのよ。(ONE OIECE84巻より、レイジュのセリフ)

 

 サンジは肉体的、精神的に改造が「失敗」したため「普通の人間」になったようです。

 言い方によってはこの兄弟、みんな被害者なのかもね。。

 

サンジ奪還はどうなる!?

 

 さて、ここが一番の見どころ。

 ルフィvsサンジ!!

 あまり詳しくは書かないけど、

ずっと昔から一貫して変わらないルフィのまっすぐだが不器用に仲間といたい気持ちと、

サンジの仲間を想うあまり自分を犠牲にする姿。

 

いやーぐっと来ますね。。

 

 最後にはとらわれたルフィとナミに語り掛けるプリンと意味深な三人の表情。

 

続きが気になるーー!

 

以上です。

コミックス派の方、ぜひ早く購入して読んでみてくださいね。

 

 

 

 

2017年シーズン、ジャイアンツ優勝に向けて

ごきげんよう!ダイナです。

 

突然だけどダイナはジャイアンファンだ。

もちろんセリーグ優勝、さらには日本一をなしとげてほしいと思っている。

でもさ、近年ジャイアンツって微妙だよね。。毎度Aクラス入りはするものの優勝はできず、日本シリーズには出られず、引き立て役みたいになってるよ。。。

 

そこで今日は(勝手に)ジャイアンツ日本一奪回のためのポイントを考えてみた。

選手の敬称は略させていただきます。

投手力

 昨シーズンの先発は正直、菅野と田口だけという印象。二人の防御率や安定感にはやはり舌を巻くものがある。しかしこの二人でも10勝程度。これは後述する打線の問題ともいえるが、とにかく先発の駒が少なすぎるのが課題であった。来季は復活をかける杉内、手術から復帰した内海、昨シーズンすこーしだけがんばった大竹らのベテラン勢の活躍に加え、昨ドラ1の桜井の奮起が期待される。さらには新たに加入した山口や吉川がどれだけやれるかだろう。

 リリーフ陣はマシソン、炎上王澤村となかなかの数字を残した選手もいたものの、山口の不調(というか衰え?)による左の中継ぎ不足が心配された。戸根が安定感を増してくれることに期待。今村をリリーフに回すという手もあるのでは。あとはソフトバンクでワンポイントが主だった森福が一イニング以上きっちり抑えてくれるか。

打線

 打線の中心は依然、坂本、長野、村田、阿部あたり。しかし昨シーズン本調子だったのは坂本と村田くらいで、阿部は怪我が怖い。長野は近年不調続きだ。新加入の陽も昨シーズンは本来の力を発揮できていない。

 ある程度期待されながらなかなか出場機会に恵まれない選手たちが開花することも必要だ。個人的には立岡と岡本に注目したい。ただ、立岡は外野手二枠がおそらく長野と陽で固定される中で残り一枠を争うことになるため厳しい争いになりそう。岡本は阿部や村田の保険的な立場にはなるだろうがなんとか結果を残してほしい。(マギーはいらな…)

守備力

 坂本のショート守備も球界指折りに成長したと言っていい今、守備力には心配要素は少ない。陽の外野守備も信頼できるだろう。一つ懸念すべきはセカンドだ。辻や重信らの若手やドラ1の吉川らの競争になるが、いずれも経験には欠けるため、使ってみながら固定していくことになる。

補強に頼るな!

 今オフ多くの名のある選手たちが加入してくれた。しかしFA移籍でのプレッシャーや環境の変化で思うように活躍できないこともあるだろう。新戦力に過剰な期待を寄せず、元いた選手たちが本来の力を発揮してくれることが重要になってくる。

 

とまあ偉そうに言ってきたけど、純粋に一ファンとして応援してますので優勝お願いします!