読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系東大生ダイナの書評とか。

理系東大生ダイナが書評をしたり日々の大学生活についてつらつらと書いたりするブログです。Twitter→@riketoudaina

あっさり王道系中華そば店 『魚雷』

みなさんごきげんよう。ダイナです。

今日は後楽園駅から徒歩五分ほどのところにあるラーメン屋さん、『魚雷』にお邪魔した。

(最後に食べログのリンクを貼っておきます。)

このお店ではサイフォンを使って鰹節から出汁を抽出するというユニークな方法を採用しており、そのことだけは聞いたことがあったのでかなり興味を持っていた。

f:id:deteruanddeteru:20170201142755j:plain

『魚雷』というネーミングに関してはうーんどうなんだろうという印象だったが、お店の入口には魚雷の模型が飾ってあったりとなかなかのこだわりようだ。
内装はラーメン屋としてはきれいで落ち着いている。女性一人でも入りやすそう。

入ってすぐに食券機があり、今回は『特選中華そば』970円を購入。
これはメインメニューの『本枯中華そば』760円(ほんがれと読む)に三種類好きな具材を選んで加えられるというものだ。
少し高いがまあせっかくだしね。具材は鶏チャーシュー、きくらげ、チンゲン菜を注文。

座って五分ほどでラーメンが到着。
具材が別のお皿で提供されるようだ。どんぶりにはほうれん草(的な)と味玉、それと不思議な泡が乗っている。すぐ溶けてしまったが何だったのだろう。

f:id:deteruanddeteru:20170201142841j:plain

まずはスープを一口。おお、かなりうまい。きれいな色をした醤油スープで、とてもあっさりしているが(サイフォンで抽出しているおかげで?笑)強く鰹節を感じられる味わい深さ。
表面の油も全くしつこくなく、出汁の味を引き立てている。この油がかなりいい仕事をしている。

麺は程よい硬さの細めから中くらいの太さのストレート気味の麺。こういう中華そばにはよくあるやつだね。スープほどの感動はない。

具材を入れていく。選べる三種類の他にもともとついているらしい豚チャーシューはとても柔らかく甘くておいしい。
鶏チャーシューはいい感じの焦げ具合で、どんぶりに入れるとスープに香ばしさが加わりまたちがったおいしさになる。

具材を別に提供してくれるのはこれが狙いなのかな。
まずは純粋なスープを味わい、食べ進める中で徐々に味を変えていける。

飽きることなく完食した。
久々にスープを飲み干したくなる一杯。

いずれ再訪したい。

 

本枯中華そば 魚雷ラーメン / 春日駅後楽園駅本郷三丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8