読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系東大生ダイナの書評とか。

理系東大生ダイナが書評をしたり日々の大学生活についてつらつらと書いたりするブログです。Twitter→@riketoudaina

2017年シーズン、ジャイアンツ優勝に向けて

雑談

ごきげんよう!ダイナです。

 

突然だけどダイナはジャイアンファンだ。

もちろんセリーグ優勝、さらには日本一をなしとげてほしいと思っている。

でもさ、近年ジャイアンツって微妙だよね。。毎度Aクラス入りはするものの優勝はできず、日本シリーズには出られず、引き立て役みたいになってるよ。。。

 

そこで今日は(勝手に)ジャイアンツ日本一奪回のためのポイントを考えてみた。

選手の敬称は略させていただきます。

投手力

 昨シーズンの先発は正直、菅野と田口だけという印象。二人の防御率や安定感にはやはり舌を巻くものがある。しかしこの二人でも10勝程度。これは後述する打線の問題ともいえるが、とにかく先発の駒が少なすぎるのが課題であった。来季は復活をかける杉内、手術から復帰した内海、昨シーズンすこーしだけがんばった大竹らのベテラン勢の活躍に加え、昨ドラ1の桜井の奮起が期待される。さらには新たに加入した山口や吉川がどれだけやれるかだろう。

 リリーフ陣はマシソン、炎上王澤村となかなかの数字を残した選手もいたものの、山口の不調(というか衰え?)による左の中継ぎ不足が心配された。戸根が安定感を増してくれることに期待。今村をリリーフに回すという手もあるのでは。あとはソフトバンクでワンポイントが主だった森福が一イニング以上きっちり抑えてくれるか。

打線

 打線の中心は依然、坂本、長野、村田、阿部あたり。しかし昨シーズン本調子だったのは坂本と村田くらいで、阿部は怪我が怖い。長野は近年不調続きだ。新加入の陽も昨シーズンは本来の力を発揮できていない。

 ある程度期待されながらなかなか出場機会に恵まれない選手たちが開花することも必要だ。個人的には立岡と岡本に注目したい。ただ、立岡は外野手二枠がおそらく長野と陽で固定される中で残り一枠を争うことになるため厳しい争いになりそう。岡本は阿部や村田の保険的な立場にはなるだろうがなんとか結果を残してほしい。(マギーはいらな…)

守備力

 坂本のショート守備も球界指折りに成長したと言っていい今、守備力には心配要素は少ない。陽の外野守備も信頼できるだろう。一つ懸念すべきはセカンドだ。辻や重信らの若手やドラ1の吉川らの競争になるが、いずれも経験には欠けるため、使ってみながら固定していくことになる。

補強に頼るな!

 今オフ多くの名のある選手たちが加入してくれた。しかしFA移籍でのプレッシャーや環境の変化で思うように活躍できないこともあるだろう。新戦力に過剰な期待を寄せず、元いた選手たちが本来の力を発揮してくれることが重要になってくる。

 

とまあ偉そうに言ってきたけど、純粋に一ファンとして応援してますので優勝お願いします!